めぐみもんブログ TOP > お知らせ > 高級魚代表!長崎県産クエ(アラ)🐟

高級魚代表!長崎県産クエ(アラ)🐟

こんにちは!
『長崎 九十九島 めぐみもん』です。

今回はクエについてご紹介したいと思います。

皆さん名前くらいは聞いたことがあると思いますが、実際にクエってどんな魚なの?なぜ高級魚なの?

お答えしましょう!

まずクエの名前の由来ですが、漢字にすると「九絵」と書き、『クエの体の模様が成長とともに九回変化する』とか、『体の模様が何枚かの絵に見えるから。』ということから”九絵”と呼ばれるようになりました。ちなみにクエが大型になるにつれ、体の模様が薄くなり、ほとんどわからなくなります。

次にクエの大きさですが、大きいもので40キロ以上になります。主にエビ、カニ、イカ、小魚、時には伊勢海老などを食べて育ちます。贅沢ですね(笑)2、3キロぐらいに成長するのにも5年はかかり、ましてや20キロ以上にもなると20、30年とかかってしまうのです。50キロだと50、60年!?またクエは小さいときは雌で10キロ以上になると雄に性転換する魚で大型のものはすべて雄ということになります。詳しい成長はまだ謎に包まれている神秘的なお魚です☆

クエは食用魚としての価値が非常に高く、天然で1キロ1万円、養殖では四千円ほどの価格で取引されており、長崎県では沿岸の生簀を利用した養殖や陸上での生簀の養殖を行っています。

気になるお味ですが究極の美味と言われ、白身の魚なのに旨みが強いお魚です。熱を加えると身は引き締まり『プリップリ』となり、皮は『プルンプルン』したゼラチン質で『とろーり』と美味しく、アラがこれまた絶品で旨みの強い部分になります。

クエ水揚げ動画

長い説明になってしまいましたが、まだまだ書き足りないくらいです!それだけ魅力の詰まったクエをぜひ皆さんにも味わっていただきたいです。